賃貸法人契約の内容|貸事務所や居抜き物件はネットで検索【賃貸法人契約のメリット】|office.com

賃貸法人契約とは?連帯保証人と必要な書類について

賃貸法人契約の内容

オフィス

賃貸法人契約について

賃貸法人契約とは、個人ではなく企業(法人)が貸主と契約することを指します。賃貸法人契約では主に社員が転勤するときに会社が物件を借りるときや新しいオフィスを借りるときなどに行なう契約で、不動産と会社の総務が直接やりとりして物件を決めることが多いからです。

連帯保証人と書類

一般的な賃貸借契約においては連帯保証人が必要不可欠ですが、賃貸法人契約の場合には保証人が要らない物件も存在しています。特に社宅代行が入るというときは連帯保証人が不要なことが多いです。
賃貸法人契約に必要な書類は、会社概要書、法人税納税証明書、会社謄本、法人の印鑑証明書、社員証のコピーなどが必要になります。

法人契約した企業の口コミ

節税効果を発揮

賃貸法人契約で借りた物件は、割安になっていることも多く、リーズナブル価格で物件を利用することができました。会社としても、給料を多く払うより社宅として借り受けて、社員に貸した方が節税効果を高めることができます!(一般企業 40歳)

保険などの費用

一般的な賃貸法人契約においても、何かしら保険に加入する必要がありますが、これらの保険でかかる費用を会社の経費として計上することができます。その結果、社員の負担費用を減らしつつ節税効果に期待することができるのです!(IT企業 46歳)

貸事務所に関連する情報

婦人

貸事務所を探す

貸事務所を探すときに、どのような条件から物件を見つけますか?今では貸事務所も全国各地に沢山あり、物件ごとに品質や価格が様々になります。その中からご自身または自社の目的にあった物件を選ぶために、こちらを拝見しておきましょう。

READ MORE
オフィス

賃貸法人契約の内容

賃貸法人契約とはどういったものなのかをご存知でしょうか。また、賃貸法人契約に必要な連帯保証人や書類について知りたいは思いませんか?こちらのサイトでは賃貸法人契約に関する内容をまとめています。賃貸法人契約を結ぶ予定があるのなら、チェックしておきましょう。

READ MORE
広告募集中